自然な出会いが待っている結婚相談所【スク婚】

2017年06月09日

中国テニス界のスター、中国の張帥(ジャン・シュアイ)、米航空会社の対応に怒りのツイート!

アメリカ・ユナイテッド航空ってひどいなと思います!!




全仏オープンテニスの女子シングルスでベスト32入りした中国の張帥(ジャン・シュアイ)が8日、パリから米国行きのユナイテッド航空機に搭乗しようとしたところ、同社の女性職員にラケットバッグとパスポートを取り上げられた上、搭乗券を破られたという。

張帥は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に、「ユナイテッド航空の職員の態度はひどすぎる!私はずっとユナイテッド航空のプラチナ1K会員。なのに、大きすぎるという理由で、ラケットの入ったバッグを私の同意もなく取り上げた。大きさを測ると、明らかに基準内なのに、それでも機内に持ち込めないと言われた」と書き込んだ。

ラケットバッグは手荷物で持ち込もうとしたものだったが、突然勝手に預け荷物にさせられ、「いやならこの飛行機には乗らせない」とまで言われたという。手荷物で預けることに不本意ながら同意すると、職員は今度はラケット1本ずつ1つの荷物として数え始め、「これはもうわざと私に嫌がらせしたとしか思えない」とし、「ユナイテッドは最低だ」と、怒りとともに書き込んでいる。

このニュースに、中国ネットユーザーからは
「またユナイテッドか」
「ひどすぎる」
「苦情を言った方がいい」
「張選手を応援しよう」
といったコメントのほか、
「もうユナイテッドには乗らない」
「報復が必要だ」
「すべての中国人はこの航空会社をボイコットする」
などのコメントも書き込まれている。

参照:澎湃新聞

あまりにひどい対応だ。

私もユナイテッド航空は乗らないと思う。

ANAが良いと思う(*^^*) コレはマジ!









posted by 可愛的娘 at 17:02| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

ヨーロッパ留学後は帰国して就職する中国人が増えてるだって!

ヨーロッパ留学後は帰国して就職する中国人が増えてるだって!

中国留学サクセスブック
中国留学サクセスブック


統計資料によると、西側諸国に留学した中国人大学生は卒業後に帰国を選択する人がますます増えている。2016年には82.23%が帰国を選び、12年は72.38%だった。大学生の多くが、「中国の方が仕事を探しやすい」と考えているという。

現在の状況を1980年代と比較すると、その差はより大きくなる。80年代には海外で学んだ後に帰国する学生は5〜10%ほどしかいなかった。帰国者が増加している原因として、今の西側諸国が大量の中国人大卒者を受け入れられる状況にないことが挙げられる。

20年前は大学生の人数が相対的に少なく、米国、欧州、日本への留学費用は高く、こうした場所で勉強するには奨学金を獲得しなければならなかった。だが今は経済的に余裕がある家庭の子どもが自費で留学するようになり、留学生数が激増した。16年には米国の大学に在籍する中国人学生は32万8000人に上り、06年は6万2500人だった。(提供/人民網日本語版・編集/KS)


私は日本が住みやすいの国だと思うけど・・・

好きな人がいたらなおさらかも。

でもやっぱり時どき帰るけどね。

お父さんお母さんが中国居ますからやっぱりね(*^^*)




posted by 可愛的娘 at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

ゲスの極みが再開するだって!?・・・ま、どーでもいいw

ゲスの極み乙女が活動再開するってニュースになってたけど、

正直、どーでもいいw

両成敗 【初回生産限定盤CD+DVD】 【Loppi・HMV限定オリジナルトートバッグ&手拭いセット】
両成敗 【初回生産限定盤CD+DVD】 【Loppi・HMV限定オリジナルトートバッグ&手拭いセット】

昨年1月にベッキーとの不倫交際を報じられた。ベッキーは2月に活動休止。川谷はバンド活動を変わりなく続けていたが、9月末、当時未成年だったタレントほのかりん(20)との飲酒デートが報じられると事態は一転。事態を重く受け止めた前所属事務所は10月上旬、当面の活動休止を決定した。
 同時に、12月に予定していたアルバム「達磨林檎」の発売も延期。「ゲスの極み−」は12月3日の公演をもって活動休止に入った。

でももう1年以上も前のことなんだね。

もうどうでもいい感じです。







posted by 可愛的娘 at 11:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする